おいしいもの、日々感じたことをKitchen*からお届けします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
スパイスカレッジ:野菜たっぷりノンオイルカレー


過去3回のスパイスカレッジに参加して本当にスパイスが身近になったと感じます。
今回のカレーは圧力鍋を使って一気に仕上げます。
野菜もたっぷり摂れて嬉しいことにノンオイルです。今回は、ガラムマサラとターメリックを使いました。
いつもカレーには香味野菜としてにんにくや生姜を使いますが、
今回はスパイスの香りを引き立たせるために敢えて使いませんでした。
そしていつものターメリックライス。もちろん油(オリーブオイル)と一緒に炊き込みました。
以前のスパイスカレッジでいただいたプライムカレーがもっぱら最近のお気に入りで今回もこちらを使いました。
もちろんこのルーだけでも香り高いのだけど、ガラムマサラを更に加えることによって、
ノンオイルでも!鶏胸肉使用でも!とても満足感を感じるカレーとなりました。

15:21 / エスニック / comments(0) / trackbacks(0)
「カレー」野菜たっぷりノンオイルカレー


圧力鍋を使って一気に仕上げます。野菜もたっぷり摂れて嬉しいことにノンオイルです。
今回は、GABANミニパックシリーズ ガラムマサラとターメリックを使います。
いつもカレーには香味野菜としてにんにくや生姜を使いますが、
今回はスパイスの香りを引き立たせるために敢えて使いませんでした。

野菜(今回は人参、玉ねぎ、きのこ、キャベツ、それぞれ食べやすい大きさに切る)、
肉や魚介類(今回は鶏胸肉、食べやすい大きさに切る。)
カレールー(今回はお気に入りのプライムカレー使用)、豆乳適量
GABANミニパックシリーズ ガラムマサラ
ターメリックライス:GABANミニパックシリーズ ターメリック

圧力鍋に切った野菜・肉を入れる。
火の通りにくいものを下にキャベツなどの火の通りやすいものは上に乗せる。
水をひたひたより少し少なめに入れ(野菜から水分が出るので水は控えめ)、
火にかけ蒸気が出てから10分加圧し、自然冷却。
その後、カレールー、ガラムマサラを加えとろみが出るまで弱火で煮込む。
最後に豆乳を適量加えまろやかさをプラス。
ターメリックライスは、普通の水加減をした炊飯器の中にターメリックと
オリーブオイル少々を入れ炊き上げる。

スパイスレシピコンテストへ参加中♪
14:35 / エスニック / comments(0) / trackbacks(0)
スパイスカレッジ:チキンカレーとターメリックライス


カレーミックス」を使ってチキンカレーを作りました。
鶏肉をカレーミックススパイス、ヨーグルト、すりおろし玉ねぎ、にんにく、生姜などに漬け込み一晩置きます。
みじん切りの香味野菜(玉ねぎ、にんにく、生姜、セロリの葉)をバターで炒め、
漬け込んだチキンと漬けだれ、トマト缶などを加えコトコトと1時間ほど煮込みます。
最後に味を調えて出来上がり。
ご飯は、お米を炊く時にカレーミックススパイスと少量のオリーブオイルを加えた簡単ターメリックライス。
スパイスカレッジで「ターメリックは油に溶ける」と伺ったのでオリーブオイルを加えてみると・・・
鮮やかな黄色いご飯が炊き上がりました。
今回は、ベーキングパウダーを使った簡単ナンも添えました。

21:55 / エスニック / comments(0) / trackbacks(0)
牛すじのカレー

今は亡き祖父が作るカレーとシチューは必ず牛すじ肉を使ったものでした。すじ肉のコリコリでプルプルでとろとろな食感、幼少期はコラーゲンなんてどこ吹く風だったけど(笑)すじ肉が入っていないと物足りないと言うか『我が家のカレー』と『一般的なカレー』は別物としてインプットされているように思います。今は圧力鍋で簡単にやわやわとろとろが出来るけど、当時はストーブに乗せたお鍋でコトコト・・・たまに鍋蓋を取ってはつまみ食いをしたものです。一度茹でて冷まし牛脂を取った透明のスープは牛の旨みがたっぷり。今回はご飯の下に千切りレタスをたっぷり敷いてみました。

お弁当サイト久々に更新しました。
00:00 / エスニック / comments(0) / trackbacks(0)
野菜たっぷり冷麺

トッピングはゆで卵と牛筋肉、麺の下には蒸しキャベツが隠れています。圧力鍋の2段調理で上段はキャベツ・茄子を蒸し下段はゆで卵を作りました。鍋に生卵と鍋底から2,3cm位の水を張りその上に万能蒸し器を乗せ野菜を蒸します。(我が家の場合は)1分加圧で自然放置。あっという間に出来上がります。冷麺自体は市販品ですがスープを溶くのに、牛筋肉を炊いた時の牛スープで割りました。
これは便利です『万能蒸し器』
16:04 / エスニック / comments(0) / trackbacks(0)
野菜カレーのマッシュポテト添え

お盆に帰省した時にたくさんの野菜をもらってきました。『この種類のモロッコインゲンは筋が多い、この種類の茄子は水分が足りなかった』など作成者であるお義父さんの話を聞くのも楽しい。どうにかこの野菜達をいただきたかったのでカレーにしました。筋々のモロッコインゲンは圧力鍋で煮た後気になる筋を包丁で外し、茄子も圧力鍋で火を通しどちらもトロトロの状態に。トマトを加え色んなもので味付け。じゃがいもも沢山あるのでマッシュポテトに。さらっとしたカレーと、まったりしたポテトの食感が楽しい。
00:00 / エスニック / comments(0) / trackbacks(0)
【おから11日目】おからチヂミ

おから・小麦粉・塩・こしょう・玉ねぎ・イカで生地を作り胡麻油で焼く。タレはお酢・醤油・石垣島ラー油でピリカラにしました。おからを入れてボリュームUPし、中はしっとり、外はカリッと焼いたチヂミです。玉ねぎの甘さが引き立ち優しい生地ですが、タレはラー油で辛味を効かせます。おからっぽさを感じない食べ易いおから料理です。
00:00 / エスニック / comments(0) / trackbacks(0)
【無印良品カレーキット】鶏手羽元とこんにゃくのタンドリーチキン

無印良品のレッドカレーペーストを使って、簡単にタンドリーチキンを作りました。ヨーグルトの代わりにココナツパウダーでまろやかさを出し、こんにゃくを加えて量を増やしカロリーをダウン↓↓↓
レシピ 鶏手羽とこんにゃくのタンドリーチキン by sa_yuki
00:00 / エスニック / comments(0) / trackbacks(0)
【無印良品カレーキット】ズッキーニと筍のレッドカレー

例のレッドカレーキットを使って『ズッキーニと筍のレッドカレー』を作りました。キットの作り方では鶏肉を使用していたけど、野菜たっぷりのカレーにしたかったのでコクを出すために豚肉を使用。野菜はズッキーニ、筍、舞茸。トロミのないタイカレーですが、ズッキーニのとろっとした食感がご飯とスープをまとめてくれます。筍の『サクっ』ズッキーニの『トロっ』それぞれの食感が味わえて楽しいカレーとなりました。いつもいただくグリーンカレーよりは少し辛味が押さえられているような感じがします。またココナツパウダーをお湯で溶くのですがその加減で好みの濃度に出来るようです。今回は野菜からの水分を考えて表記してある最小限のお湯で説いたのですが、もっとクリーミーなタイプが好きならお湯の量を減らすorココナツミルクを別に追加することで調整が出来そうです。
レシピ ズッキーニと筍のレッドカレー by sa_yuki
00:00 / エスニック / comments(0) / trackbacks(0)
【無印良品】野菜カレーとチリトマトカレー

モニター商品のおまけとしていただいた『無印良品』さんのおまけのレトルト『野菜カレー』『チリトマトカレー』。左側の野菜カレーは見た目の穏やかさとは反してパンチの効いたお味。唐辛子マークが5個の辛いカレーです。右側のチリトマトカレーはスパイシーでトマトが効いている、これオススメです!私はこちらの方が好みでした。無印さんのレトルトはレトルトっぽい感じがあまりしないので満足感があります。
00:00 / エスニック / comments(0) / trackbacks(0)
1/3PAGES >>
すてきなあなたに
すてきなあなたに (JUGEMレビュー »)
大橋 鎮子
大事な友人へのプレゼント。その後自分でも購入しました。きれいな日本語表現が心地いい。
DURALEX プリスム 220cc 6個セット
DURALEX プリスム 220cc 6個セット (JUGEMレビュー »)

ミネラルウォーターも美味しく見せる。丈夫なガラス。
 (JUGEMレビュー »)

念願のペティナイフ。使いやすさに感動。
HARIO 茶茶急須 丸 450ml CHJM-45T
HARIO 茶茶急須 丸 450ml CHJM-45T (JUGEMレビュー »)

ガラスの急須ポット。左利きの人にも使いやすい。